地域づくりに貢献
株式会社日動
新しい木造建築の可能性を追求
株式会社日動
国産木材を使った木造建築の未来を切り開く
株式会社日動
パネルログ構法(特許取得済み)による
低コストで丈夫な木造建築
国土交通省の耐力壁性能試験
準耐火性性能試験に合格
ラミネート構法による建築資材の製造
ラミネート構法というのは簡単にいうと、木材を中心から割って特殊な接着剤にて背中合わせに接合するもので、木材は中心部分に油が多く劣化しにくいので、これを外に出すことにより表面が傷みにくくなり、強度が強まり、反り歪曲が少なくなる建築資材となります。

私たちの矜持
陶芸家「炎の人」河井寛次郎の言葉

ものを創るものとして、
大正、昭和にわたって陶芸家として活動していた河井寛次郎の精神こそ、
もっとも大切なこころであると考えます。

「炎の人」と呼ばれた河井寛次郎は生涯自分の作品に名をうたなかった陶芸家でした。
お弟子さんから「名をうたなかったら偽物が出ますよ」といわれたところ、
河井寛次郎はこう答えたそうです。

「買った人がそちらを選んだのならば
そちらが本物だろうよ。」

私たちも本物の建築を目指し、
商品ではなく、
人がそこで生活し、語り合い、文化を創造し、
幸せに人生をおくることができる
生活空間としての作品を創り上げることを
そして、それが我が子のように
いつまでも地域のコミュニティの中で
生き続ける作品を創ることを
建築に携わる者としての私たちの矜持といたします。

NEWS

株式会社日動では2020年7月に発生した人吉市・球磨村・葦北町・八代市での水害で被災された方々の生活再建をお手伝いするために、個人住宅の建築のためのサポートプロジェクトをスタートしました。

住宅ローンをひとつにまとめて金利ゼロに!

自宅の再建。
それにかかるコストについて当社はみやび建設(株)の元で、金利ゼロのフラット35という住宅ローンをご提供します。
もし、二重ローンになるのであれば、それをひとつにまとめて金利ゼロのローンを組み替えなおします。

建設コストは坪当たり45~49万円(税別)

自宅の新築。
一坪当たり45~49万円(税別)でお引き受けします。

解体・撤去費用は被災地補助金で賄います。ただし、一時的に住宅ローンに組み込みます

損壊した自宅の解体・撤去作業はのちほど被災地補助金で賄えます。

熊本県産材を活用して補助金活用!

地元木材を建築資材に使用すると、補助金が使える制度があります。
こういった補助金を活用して建築コストの負担を低減します。

※熊本県芦北町/町産材使用住宅に高額補助
町は今年度から、町産木材を使用して、住宅を新築、改築・増築する町民の費用を補助する「木造住宅建築支援事業」を始めました。

町産材の活用と定住促進が目的。

補助の対象は、町産材を構造材として80%以上使用する住宅の新築や改築、増築で、改装は対象外とする。床面積は新築の場合20坪以上、増築は3坪以上。

補助内容:3.3㎡(1坪)あたり 25,000円
       ただし、132㎡(40坪)を超えた分からは、
      3.3㎡(1坪)あたり 10,000円

動画再生

OUR STORY

株式会社日動は1994年8月に設立した企業です。

パネルログ構法という独自の建築技術で、耐火性、耐震性の強い木造建築をつくりあげることに成功しました。

パネルログ構法というのは、杉や檜の角材を、6つの特許を取得している特殊なビスで接合しパネルにしていくというもので、いくつものパターンがあり、現在27もの大臣認定を受けており、木造ながら耐火・耐力壁として使用されており、独自の技術力を有しております。

このパネルログによる耐力壁による建築を行う利点(将来性・競争力)というのは

①製造速度が速い=製造・製品コストが安い
②使用する設備への投資が比較的小さい
③パネル製造、現場施工が容易で熟練工でなくても作れる
④シンプルな工程であるため、品質管理が容易
⑤新構法として市場に売り込める。

というものです。

当社はこのパネルログ構法による建築、リフォームも受注しております。

パネルログ構法

当社が販売している建築用部材は、グループ企業の(株)マイホームが製造しているパネルログ構法による耐力壁です。同社は全国的にも数少ないログハウスのプレカット工場を有し、ログハウスの建築も行い好評を得ています。

パネルログ構法というのは、杉や檜の角材を、6つの特許を取得している特殊なビスで接合しパネルにしていくというもので、いくつものパターンがあり、現在27もの大臣認定を受けており、木造ながら耐火・耐力壁として使用されており、独自の技術力を有しております。

プレカット建材

当社はプレカットの建材を使用しています。

プレカットとはログハウス用建材となる木材を工場で製造した生産物です。熊本県産(水俣市)の木材を出水市の工場でプレカットし、当社はその建材を使用し、個人向け住宅の建築、供給しています。

現在は関連会社と協力して、ラミネート工法を開発しており、ラミネート工法とは木材を真ん中から割って、背中合わせに張り付けるという工法です。

この工法を使って製造したプレカット建材は、表面が傷みにくくなり、強度が高まり、反り、歪曲が少なくなるという効果が見込まれます。

このラミネート工法は他社では取り組んでおらず、開発し実用化すれば自社のみの技術となります。